アフターピル|低用量ピルの飲み方・効果その違い。

飲み方が決まっている低用量ピルとは違い、アフターピルには2種類の飲み方があります。

ひとつはヤッペ法、もう一つがノルレボです。ヤッペ法は中用量ピルを使った緊急避妊法です。ノルレボとは使用方法が少々違い、ヤッペ法はセックス後72時間以内に中用量ピルを多めのホルモン量を摂るために2錠を服用します。さらに、それから12時間後に再び2錠服用します。

次にノルレボとは、セックス後72時間以内に1度に2錠服用します。ノルレボの使用方法は以上です。2つを比べると、中用量ピルを使ったヤッペ法よりもノルレボは副作用がかなり少なく安全な避妊薬となります。

さらに、避妊の成功確率にも違いがあり、ノルレボは失敗する割合がヤッペ法の3分の1(約1%)となっています。

低用量ピルではほぼ妊娠する確率はないと言っても、飲み忘れや状況次第によってはピルの効果が十分に発揮されず、妊娠の確率が高まってしまうことは考えられます。そういう状況で助けになってくるのがアフターピルです。アフターピルの別名は緊急避妊薬ともいい、まさに、不意の状況、緊急事態に必要になってくる女性の味方とも言えるピルなのです。

低用量ピル、アフターピルについて詳しくはピル・低用量ピル(OC)の総合サイトPILLOC!をご覧ください。