男性ホルモンの影響について

男性ホルモンの影響について

男性ホルモンの影響について

精力が落ちてきた…そんな事に悩んではいけません。
なぜなら30を過ぎれば誰でも性欲は衰えてくるものなんです。
男性の性欲は25歳でピークを迎え
その後5年間が最も性欲がたかまり
30を過ぎた頃から減少していってしまいます。

体力が衰えると性欲も衰えます
そして環境ホルモン、病気や精神的なストレスのある場合は
それも複合的に影響してEDや精力減退へと繋がってしまいます。

なので疲労気味であったり
深刻な悩みを抱えたりしている場合は30代、40代でも十分に
インポテンツに陥る可能性は否定できません。
実際にこう言った事が原因で20代でもインポテンツになるケースはあります。

このように私たちの精力減退は日々変化しています。
性欲は性ホルモンとかかわっていて
男性ホルモンは睾丸と副腎で分泌されるホルモンですが
ストレスなどによりホルモンの分泌量が減少します。
そうなると精子の発育が悪くなり
勃起中枢が興奮しにくくなり
その結果、精力減退が生じ、EDや中折れのような症状が出てきます。

こうなる事を避ける為にも
男性ホルモンの分泌を促し、勃起力を高めたり
性器の機能を高める事をお勧め致します。

男性ホルモンの分泌を促す成分として知られているものは
亜鉛、アスパラギン、アルギニン、ビタミンEなどになります。
なので精力の衰えを感じてきたら意識的にこれらの栄養を
摂るようにしていきましょう。

男性ホルモンについてThe GOLDについて